読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

常磐煮が一晩でやるブログ

常磐煮が一晩でやるブログ

ベッキーとゲスの話でも勝手に憶測するか。マジ憶測。マジオク。

まだまだ盛り上がるゲスい不倫騒動がベキベキと音を立てて業界を破壊していく。

 

なんてことも特に無くて、まぁサンミュージックベッキーが困ってるくらいでしょう。この件に関しどうでもいいことを休みに予定もなくて洗濯終わったらコインランドリーに持っていくため待っているおっさんが書くよ。

 

ベッキーのほう

CMクライアントが続々見捨てる…なんて言われてますが別にそんなこともないでしょう。タイミングはむしろ良いほうだったかと。CM出演者の契約は大抵最低3ヶ月(1クール)から年契。1クールなら騒動前の12月から始まっていたとしても来月で終わりだし、年契約でも決算期をまたぐ契約は大きな企業がしないから、更新近い時期だったのではと推測しちゃうよね。契約結んですぐじゃない企業が多かったのでは。

実際CMタレントなんていうものは、何年契約が続いていてもある日突然変更されることがあるわけで。瀧本美織ソニー損保からいなくなったかな?好きだったから悲しいよおっさん。

本人が失ったイメージと事務所が得られなくなる収入は厳しいでゲスなぁ。次はおもいっきりぶっちゃけキャラで戻ってきて欲しいと思う。そのほうが売れると思うっすね。頑張れベッキー。今回の件ではじめてあなたを女性と意識しました。抜かないけど。

 

●ゲス

ゲスは全然ダメージないっすねぇ。むしろ「ミュージシャンはそうでなきゃ!」って声も上がってますし、別に清純イメージで売ってるわけでもない。ゲスがゲスい事してるんだから別にブレてないし。ただ音楽性的に、「そっちのゲスさ」では無かった気がする。まだ脱法ドラッグとかのほうがよかったんじゃないのか。ライブで「ギターより股間のマイクの方が女性ファンに刺さるんじゃないっすかーぁ!」とおっさんは叫びたいが、ライブなどいったことがない。座れるところはあるの?ポップコーンとか売ってる?ネット裏が良いな。

もし…あの…絵音?えおん?えお?エムお?本人も「ゲスのゲスはそのゲスさじゃないんだよぉ…ふえぇ…」とか思ってたら、居酒屋で一杯おごってあげたい。連絡待ってます。

 

●ゲスの口説きかた

これはあちこちで言われていますが、「女性が苦手…」から入って口説き落とす。なんていうのは、割と男なら誰でもやることだ。「苦手」かどうかは置いておいて、まず狙った女性に対し、「自分の女性観」をベースとしてインプットしておく。これは早いほうが良い。そして合う度、自分が相手に対して見せた「ハードル」を相手に超えさせていく。

 

…意識高い感じで書こうとしたけどLIGの社長じゃないんで無理っす。

 

別に最初こちらのことを好きでもない女性は、最初に「俺ってこうだから」をつきつけられ「なんだこいつ」と思うわけですが、会うたびにその男は最初に言っていた話を翻していくわけですよ。

 

俺女のゴリゴリしたところとかキャピキャピしたところとか嫌いだし二人だけで趣味の話するとか無理だし本心見せられないし家とかマジで入れたくないしそもそもこういう合コンみたいな飲み会嫌いなんだよね。」

 

と事前に情報入れといて

 

2回目でいきなり2人で食事したり、3回めでこちらから悩みを相談したり、4回めでさらっと家に呼んだりするんですよ。男は。そうやって女性に「自分は彼にとって普通の女じゃないんだ。特別なんだ」と思わせていくわけですよ。これくらい誰でもやるよ。

 

まぁ…もう一回会う魅力というか関係を継続していく能力は当然男側に必要って前提ですけどね。おっさんも20年前はそれだけ出来るよう頑張ったよ…

 

 

まぁとにかく放置ゲーといいますか、勝手に達成感が生まれるんですね。相手に。

こちらが勝手に作ったチュートリアルを走らせて超えさせれば、いよいよ課金ポイントですわ。彼女はアナタにお金…ならぬ時間を少しづつ払ってくれます。ひとりでも彼のことを考えたりね。気づかないうちにその男に対して時間を消費する(させる)ことで、「ここまで課金したからもうちょっと…」という感情に持っていくのです。さぁあとはイベントうちまくりです。短期決戦ならさっさと焼くってのもありです。

 

これは女性を口説くだけではなく、仕事、交渉でも使えるテクニックです。

 

まぁ、こんなテクニックを使っていたので

おっさんはもう無職で家族もいないんですけどね。

 

 

まぁほとんど全部適当に書きましたが。なんだかんだ結局可哀想なのはゲスの嫁さん。という風潮もちょっとあやしいと思わなくもない。バンドのサポートやマネ続けてメンバーと結婚まで行く女って、それはそれで結構アレだからね。

 

 

(12分)

 

 

インターネットなんだからなおさら!誤解を!恐れようよ(笑)どんだけロック!?

「誤解を恐れず言うとね…」

 

 

この一文からはじまるネット上の文章は、だいたい壮絶なる自爆だ。

 

しかも「これから自爆しますよ!」と叫びなんの思想も目的もなく吹き飛ぶやつ。

 

リアルでこの発言をすると強烈な脅しかゆさぶりなんだけど。

 

せめて、匿名で…書きなよ…って思うんだけど、ああいう言葉から入って語る人はもともと自分大好き聞いてかまってちゃんなので、それが出来ないんですねぇ。

 

文字だけをアウトプットしてしまったなら、どう捉えられるかは相手次第です。

よほど自信がある以外は、「誤解を恐れて」発信しましょう。

 

「投稿する」をクリックする前に。一度自分の書いた文章を読みなおす。

そういう癖を普段から付けておけば、リアルでの発言ミスもきっと減ります。

 

 

 

 

 

おっさんはリアルでは、もう、話し相手も、いないけど…

 

 

で、出たぁ〜!俺に続けって叫びながら最初に死奴wwwww

おっさんなんですがね。おっさんも若い頃はグイグイ行ってたんですよ。プロジェクトとか。

 

求められる牽引力と突破力。そういう人がプロジェクトには必要なのです。ただまあ、生き方間違えたなと思って、今修正中です。おっさんなのに。

 

さて今日は若くして先頭を走るプロジェクトリーダーたちへおっさんから。

先頭を走るなら誰よりも早く慎重に。

 

本当にリーダーと呼ばれる人に必要なのは突破力ではありません。そして「隊長」でもありません。リーダーの正体はただの「斥候」です。

 

とりあえず先に行き、誰よりもその場所の危険を分析し、安全なら更に先へ。

危ないならみんなの居る所まで一度戻る。

そんな行動ができるのがリーダーです。違うかもしれないけど。

おっさんはグイグイ行き過ぎて最後誰もついてこなかったし、グイグイ行き過ぎてみんなのところに帰れなくなりました。

 

…だから今こうしてこんな時間にブログを書いたり出来るんです。(朝9時)

 

よくあるじゃないですか。

 

「俺が様子を見てくる…ギャァアアアアアアア」的な。

 

で、帰ってこなかった奴が後で、

 

「罠にかかっててやっと抜けだして来たぜ!」とか言って戻ってくるわけですよ。

これ、かっこよくないですかじゅんじゅわー。

 

リードできる人は先行してリスクも踏める人なんです。ヘタしたら後から来る人達のために、大きな罠はかわしつつ、小さな罠にかかってみせる必要もあります。

転んで「ううっ…」って倒れながらみんなが来るのを待つのです。

 

「ああ…だから先に行かないほうが良いって行ったのに…」とみんなが思いながら、追いついて来てくれれば、しばらく誰も罠には引っかからないでしょう。

 

なにが言いたいかっていうと昨日先陣きってキャバクラ入ったけど一緒にいたメンツが誰も追っかけてきてくれなかったのよね。面子マルツブレリータ。

 

(10分)

 

狩りガールってなんだよ。狩りはいいけどここでもガールズ・スーサイド。

TVタックルを見ていたら、「狩りガール」特集っていうのをやってるんですね。

 

父の跡を継いで狩猟をする女性やら、趣味で猟銃を持ち狩りをする女性の特集でしたね。

 

最初画面見てなかったので、「かりガール」…なんか卑猥にきこえましたよね。

画面から、「あっ…きた…きたきたきた!」(ヒソヒソ声)とか聴こえるもんだから。

どうしてくれる。

 

内容は至極真面目なものでしたが、どうも素直に見れないんですね。

ガールはどうなのよ。ガールはよ。

 

辞書にも「17-18くらいまでの女子」って書いてあったぞ。ガールでいいの?

ガールは生き物をテレビの前でシュートヒムしてさばいて食ってたけど。

やっていることはこの時代に生命の大切さや人の罪を学ぶ、意味の有ることだと思うけど。

 

 

ガールでいいのそれ?

 

 

「狩猟ボーイ特集」とか言われたらナンパの上手いティーンの特集映像にしか見えないぜよ?

「看護ガール&看護ボーイ」とかもうコスプレのジャンルにしか感じないし、仮に狩猟に寄せても「狩りガールは仕留めた後解体ガールへ」なんてかいたらもう犯罪の匂いしかしないべ。

 

辞書の定義にも収まらないつまり良い年齢の女性達よ。安易なガール使用にははっきりと言っていい。

 

「えっじゃあ男だったらボーイですか?」と

 

世の男達は、「山ボーイ」とか「森ボーイ」「旅ボーイ」「仮ボーイ」…まちがった「狩りボーイ」な。(仮ボーイはマジで男の人に字面で見せてはいけません。)

とかなんとか呼ばれるのは嫌がるだろう。

 

女性陣はもしかしたら、単純に「ガール」と呼ばれることが嬉しいのかもしれない。なんか可愛く若く表現してもらえた的な?でも男性陣は基本「ボーイ」と呼ばれると小バカにされている感を味わうだろう。※類似に「●●選手」というのもあるがこれについては今度書くし書かないかもしれない。男性陣は自分が呼ばれると嫌(だとおもう)な呼称を女性たちにつけている(のかもしれない)のだ。

 

世の女性たちよ、安易に「ガール」を受け入れるな。それは緩やかなるジェンダーの自殺だ。ガールをつければ柔らかくなるだのキャッチーになるだの考えるアホなおっさんにNOを突きつけるのだ。地雷女は嫌だろうが、地雷ガールはちょっと可愛いなんて思うなそれは男どもの思うツボだ、まぁ誰もそんなこと思わないだろうが。ここまで読んでもらってもうしわけ無いがホントどうでもいい。どうでもいい話だ。

 

ホントどうでもいい。どうでもいい。

 

 

どうでもいい話を書くのがこのブログだ。

はてなブログの使い方はよくわからない。が、ネットに強いインフルエンザーガールにブログも持ってないんですか?オウフwwwオフラインボーイwwwワロスwwwワロスボーイwww

などとクソ馬鹿ボーイにされたのでブログを始めたし基本嫉妬と怒りで書き続けるボーイだなめんな。

 

(14分)